抗真菌薬(内服薬)の種類

多様なカプセル

細菌よりも形が大きく、よりすごい生物として真菌というものがあります。
真菌は身近なものでわかりやすく呼ぶと、カビのことを指します。
キノコなどがカビの一種であるということは有名ですが、キノコなどもこの真菌という属性の中に含まれるものであり、パンなどを造る際や、お酒などをつくる際に発酵させるためによく利用する酵母なども、この真菌という分類の中のひとつとなります。
このように、真菌は私たちの生活の中に数多く存在しており、一見すると安全なものと認識してしまいがちです。
しかし、真菌としてのキノコの中にも、毒キノコなども存在するように、私たちの健康を損ねる可能性のあるものも中には存在しています。
このような真菌による感染症を真菌症とよび、これに対抗する薬のことを抗真菌薬と呼びます。
この真菌症には具体的には上記でもあげたような毒キノコによる細菌感染や身近なものでは水虫も、これにあたります。

水虫などの表皮に対する害を与えるものに関しては、塗り薬などを塗付しますが、菌が身体に入ってしまった場合は内服薬を処方されます。
種類としては数多く存在しており、有名なものではポリエン系抗真菌薬と呼ばれるファンギゾン、アゾール系抗真菌薬と呼ばれるフロリード、ニゾラールなどが存在します。

関連記事